<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自分のこと

僕はモテル

。。。と言うと反感を買いそうであるが、実は僕のモテル範囲は、ヒジョーに限定されている。

「動物」、「子供」、「親と同世代の紳士淑女」からである。それ以外の範囲の人からはどうかというと、、、うーむ。ご想像におまかせする。

人から好かれることは、幸せなことである。それについてとやかく言うことは、贅沢この上ない。それは自分でも良く分かっているつもりだ。

だけど、いまだに上記の範囲の方々から好かれている理由が、さっぱり自分でも分からないのである。自分の中の七不思議の一つに上げたいくらいだ。「人は自分が思っている程、自分自身のことはよく分かっていない」という例の典型であろう。

こんなことを考え出したきっかけは、最近子供と遊ぶ機会が増えたからかもしれない。相手はジェフ&キャロライン夫妻の一人息子、ハイパー2歳児ジョージ君である。

僕とジェフとは親友であるため、いろいろ彼のパーティやらイベントやらに招待されることがある。当然そこでジェフの息子ジョージ君と仲良くなる機会がたくさんあった。

彼は英語の発音さえおぼつかないのに、僕の名前は覚えてくれていて、僕のことを「チンヤ、チンヤ」呼ぶ。むーん。とてもカワユイ。

しかしながら、彼にとって僕は「遊んでくれる動くぬいぐるみ」にしか写っていないようだ。笑。僕を見つけると「うっきゃー」となって超テンションあーっぷ!!!になる。

お遊びモードに突入したジョージ君は、興奮しすぎてどこを駆けずり回るか分かったものではない。見ていて危なっかしいったらありゃしない。

ジョージ君、頼むからもうちょっと落ち着いてくれ。。。_| ̄|○

ジョージ君と遊ぶときには、常にしゃがんで動きジョージ君と同じ視線で遊ぶ。「子供と遊ぶときは子供の視線に立って遊ぶこと」。そんなアドバイスをどこかで読んだ気がする。

そうしてみると、面白いことが分かった。下から見る世界はいつも僕が見ている世界とは違う。大人はいつも他の大人と何か話をしている。当然のことながら子供から大人への視線が合わない。また、大人は体型が子供に比べて大きいので、視線を遮られて遠くが見えない。

彼の表情を見ていると、彼の考えていることが手にとるように分かる。子供が大人をどう見ているかも。

ジョージ君と遊んでいる時の僕は、周りの視線や世界なんて一瞬にして関係なくなる。周りの世界が風景にしか見えなくなる。僕の頭の中にはそんなスイッチがあるらしい。そのスイッチがポチっと入ると、僕はジョージ君と同じ精神状態になる。

少なくとも「子供」から好かれる理由が、自分でなんとなく分かったような気がする。僕の中には今でも「子供の自分」が住んでいるからだろう。
[PR]
by structural | 2005-03-28 11:51

PHYS8990

僕の担当教官シェルトン先生にたどり着くまでには、いろいろと紆余曲折がありました。これはそのときの話の一つです。

ジョージア大学・物理&天文学科には宇宙の研究をしている先生が6人います。入学した時、僕は担当教官がまだ決まっていなくて、漠然と「とりあえず宇宙の先生がいいな。誰にしよう」としか考えていませんでした。

物理学科の大学院生はPHYS8990という、一学期に2人の先生に師事して初歩的研究をするコースを取らなければなりません。これは将来、自分の担当教官を決める際、それぞれの先生を知る上でとても大切なコースです。一学期前半、僕はシェルトン先生とPHYS8990をやることになりました。

シェルトン先生の専門分野は、星間物質です。私たちが住んでいるこの銀河系に備わっている物質を研究されています。

シェルトン先生と宇宙や銀河のことを話したり、研究の話をしている時間が、僕にとってはとても楽しいものでした。「あー僕は正にこれをやりに、遠くアメリカまで来たんだな」と感慨に浸っていました。なんか全身の毛穴からエネルギーが吹き出している感じでした。

PHYS8990としては、僕に計算式が書いてある論文を示され、それを計算するプログラムを作りなさいとのことでした。一つ複雑な積分が入っていたので、それにかなりてこずりましたが、なんとか期限内に完成させることが出来ました。ほっと一息。

ところが、シェルトン先生とのPHYS8990の期限が終わる時、先生はこう切り出したのです。

「いやーシンヤ。よくがんばったね。私は関心したわ。実は私自身もこの計算をするプログラムが完成するかどうか分からなかったのよ。」

(@-@)ほへ?なんですとー!?シェルトン先生。あなたがプログラム作れって言ったんじゃないですか!!!

目をパチクリお口をあんぐりさせている僕を尻目に先生はこう続ける

「今まで私のところにPHYS8990で来た学生は自分で計算できないもんだから、最終的には私が生徒の為に計算してあげていたのよ。シンヤは自分一人でなんとかやりきったから。えらいわ。」

と、このようにおっしゃる。
先生お願いですから、満面の笑顔でそんなネタばらししないでください。(T-T)

まあ一からプログラムを作るという作業は嫌いではないし、何か物を作り出しているという達成感を感じることができた2ヶ月間でした。そのためにいくつか週末がつぶれましたが、それはまたそれ。

自分の得意なFortranのプログラム作成だったのもあるし、先生に高く評価して頂いたのはとても光栄なことではあります。

出来上がったプログラムは、先生に差し上げました。たいそうお喜びでした。めでたしめでたし。

。。。では無くて、僕の天文学者への道は、これからも続くのでした。
[PR]
by structural | 2005-03-23 11:03

障害者にやさしい国アメリカ

アセンズの街中でも大学構内でも、よくハンディキャップを背負った人を見かける。「障害者が街中に出やすいんだな」と思いながら見ていた。裏を返せばそれだけアメリカという国は障害者にやさしい国なんだと実感させられる。

大学でも校舎という校舎には、必ず障害者用のスロープがあるし、障害者用のトイレが設備されている。

市内を走っているバスは、全車とも車椅子対応である。もし車椅子を使っている人がバスに乗り込むときは、バスの片側のサスペンションが沈み、入り口近くに取り付けてある車椅子専用のスロープがバスから道路へ伸びてくる。障害者の人は車椅子のままスロープを使ってバスの中に乗り込むことが出来る。さらにバスの車内には、車椅子を固定する専用の場所が備え付けられてあり、乗務員が車椅子の固定を手伝ってくれる。むーん。すばらしい。

ある時、バスに乗って買出しに出かけていた僕は、車椅子の人がバスに乗り込む光景を、たまたま目にすることが出来た。

止まったバス停に車椅子に乗っているおばさんがいた。おばさんの横幅は、軽く僕の3倍はあったと思う。市バスは例のごとく片側のサスペンションを沈ませ、入り口から車椅子専用のスロープを道路へ伸ばした。おばさんはスロープを使ってスルスルと車椅子を滑らせバスの中に乗り込んできた。

おばさんは、乗務員の人が車椅子の固定を手伝おうとすると、「いいえ、自分で出来るからいいのよ~」と笑顔で返答して、自分で立って車椅子を固定して、おもむろに「どっこいしょ」って感じで車椅子に座った。

あれ?この光景、ナニカオカシイ・・・

あ!!!このおばさん、普通に歩けるんじゃん!!!
なんで普通に歩ける人が車椅子を使っているんだ。まったく。。。

多分太りすぎて歩くのが大変だからなのだろうと思う。だからといって、普段の生活で車椅子を使っているのでは、歩けなくなるのは時間の問題だぞ。アメリカ人みんな食いすぎだっちゅうねん。

あれ?障害者の話のはずだったのに・・・まあいいか。
[PR]
by structural | 2005-03-20 10:15

世界と僕との関係

話は友人の韓国人の女の子や学部の先生から、この言葉を出会いがしらに言われたことから始まる。

僕: Hi! How are you doing?
相手:Hi Shinya.

相手:How’s the world treating you recently?
僕:....

ほへ?「世界はどのようにあなたをあつかっているのですか? 」ですと?!

僕は一秒くらい固まってしまった。
その一秒間の間に、僕の「灰色の脳細胞」(エルキュールポアロ曰く)はフル回転していた。

なぜこの人はこんな意味深なことをいうのだろうか。。。?
世界と僕の関係がこの人にとってどれほどの意味を持つのだろう?
そもそも、会って二言目だぞ。

あとで分かったのだが、どうやらこれは「最近の調子はどう?」と同じ意味らしい。そんな言い方初めて知った。

世界は今どのように僕を扱っているのだろう?
直訳どおり、自分に問うてみると意外と深いものがある。
[PR]
by structural | 2005-03-17 11:50

上半身裸の話

アメリカ人の感覚が日本人のそれと違うというのは、しごくあたりまえのことである。しかしながら、それでも日本人の僕にとっては理解不能なことがけっこうある。

法則その一 「天気の良い日は、アメリカ人男性なら上半身裸で外を走るべし」

その光景を初めて見たときには、ドギモを抜かれた。公道で上半身裸の成年男子が連なって走っている情景を思い浮かべて頂きたい。そんな一団が近づいてくるんだぞ。怖いぞけっこう。日本でいくら天気の良いときでも、上半身裸で走っている輩はいないと思う。

鍛え上げられたスポーツマンの肉体は、健全な女性であれば生唾ごっくんものなのだろうが(笑)、男の僕からしたら見苦しいったらありゃしない。

上半身裸で走るな!!!なんでおまえらそんなに裸体を見せたがる?!!!!

ある時なんか、60代男性が例のごとく上半身裸でランニングをしていた。彼の3段に分かれたお腹はタプタプとリズミカルに揺れている。じいさん、その年でシャツを脱ぐのはやめてくれ。

やっぱり訳分からん。
[PR]
by structural | 2005-03-15 12:54

星の観測&飲み会

忙しいとは言うものの、春休みは春休みということで、今日はAthens在住の日本人の皆様と「星の観測&飲み会」をしました。

自分は天文学専攻なんだけど、別に星や銀河の研究をするために毎晩徹夜で星の観測をしなければいけない訳でもないので、どこにどの星があるなんて知識はアマチュア天文愛好家の方が断然持っているはずです。僕はどちらかというと宇宙でどんな現象が起こっているかという物理の方に興味があります。まあこんな僕でも少しはみんなの役に立ったはずです。

その後は飲み会でした。食事は持ち寄りということで、僕はうでによりをかけて「肉じゃが・生姜焼き・マーボ豆腐」を作りました。男の料理としてはまあまあでしょう。

ちなみに明日は皆さんとアトランタでカラオケです。

(なんだきっちり春休みしてるじゃんというツッコミは無しで。笑)
[PR]
by structural | 2005-03-13 16:47

やっと春休み突入 (T-T)/

と思っていたら今日シェルトン先生からメールが届いていた。

「シンヤへ 毎週火曜日にやっている研究ミーティング、来週火曜日は出来ないから、その週の後半はどう?」

ほへ?!先生来週とはおっしゃいますが、その来週は春休み期間全開じゃないんですか???どうやら春休み期間中も学校に行って研究ミーティングをせよとのことらしいです。

研究ミーティング = その為の準備 = たくさんの時間を費やす。

大学院生には休みという概念は無いようです。_| ̄|○
[PR]
by structural | 2005-03-13 16:27

僕の指導教官

僕の指導教官が決まりました。シェルトン先生です。女の先生です。

ニュージーランドにホームステイ&留学していた時のホストマザーに、雰囲気といい体格といいそっくりかもしれません。(分かる人向け)

レディに年を尋ねるのはどこの国でも失礼にあたるということで、先生の年は聞いていません。多分40代。机の上に子供や夫の写真がなかったので、多分まだご結婚なさっていないと思われます。なんせパーソナルな質問なんて出来る間柄ではまだございませんので。。。

ホントーに性格のいい先生で、僕にはもったいないくらいです。いろいろ僕のために気をつかってくれるし、研究費から自分の大学院生(つまり僕ね)に財政的サポートをしてくれるし、僕にはもったいないくらい贅沢なオフィスをくれるし、「こんなん、他の大学院生に悪いな」と思うくらい、本当に幸せな状況です。

シェルトン先生、博士取得への道は残り三年間と長いですが、これからもよろしくお願い申し上げます。はい。
[PR]
by structural | 2005-03-13 00:56

送別会

今日は九州大学からの留学生・茂木くんの送別会でした。幹事は僕。日ごろ外で食事をしないので、みんなにどこのレストランが良いか聞いて、予約して、人や車の手配をして・・・とテンヤワンヤでした。

極めつけは今日11:59PMまでに提出の量子力学の宿題。計4問にどのくらいの時間をついやしただろう。ここんとこ1週間で計10時間くらいは考え抜いているはず。結局、提出し終わったのは11:00PM。ホントーに疲れた。。。

月日も授業も飛ぶように進んでいく。一日でいいから、ちょっと立ち止まってゆっくりしたい。

春休みが一週間ちょっとあるのがせめてもの救いかな。
[PR]
by structural | 2005-03-11 14:33