<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あるアメリカ人の日本車への熱き思い

b0016975_11461857.jpg

[PR]
by structural | 2005-04-28 11:48

夏休みの計画

アメリカの大学では夏休みが基本的に約3ヶ月あるのですが、その間も実はサマースクールといって、夏学期の特別講義が実習されています。例えばもし在籍期間を少しでも短くして早めに卒業したいと思ったならば、そのサマースクールで開講されている講義を取って、自分の取得単位とすることが出来ます。

大学院生の場合は既に自分で生計を立てている生徒が大半のため、所属している学部から財務補助が出るかどうかが、いろいろな意味で分かれ目になります。

入学当初も、進路指導教官から「フルサポートをもらっている学生でも、夏学期はそれが半分になる。要するに物理科には夏はあまりお金が無いんだな。財務補助がつかないこともあるから、まあその時は夏休みは自分の母国に帰りなさい」と申し渡されていました。

夏休みは日本に帰ることになるのかなと思っていた先日、進路指導教官から各大学院生へ夏学期に関するメールが財務補助に関するファイルと共に送られてきました。

ファイルをよく見ると、僕の項目にはRA(Research Assistantship)の印が!!!

おお!!これはシェルトン先生が夏学期も僕に財務補助をしてくださるということではないですか!!!シェルトン先生ありがとうございます!これからもついていきます!!!

ん。。。ということは、僕は夏休みもずーっと研究しろってことですね。分かりました。当然です。大学院生ですから。

。。。でも、夏学期って、たいていの人は夏休みなんですよね。。。

え?!とんでもないです。ありがたいことです。お金までもらって研究させてもらえるなんて。感謝感激です。こんな贅沢なことは無いとです。僕は幸せです。

。。。でも、休みは無いとですよね。。。_| ̄|○
[PR]
by structural | 2005-04-20 12:47

エゴグラムによる性格診断

僕の周りで、「エゴグラムによる性格診断」なるものが流行っているようなので、僕も便乗してやってみました。以下、僕の結果とそれに対するコメントです。

# 性格

自分が何たるかを良く心得ているタイプです。自分の職責をまっとうする事や、人生の軌道を踏み誤らない事にかけては、人後に落ちないものがあります。一言で言ってみれば、非常に大人だと云う事なのです。そのかわり人間的な面白味に欠ける事は否定出来ないでしょう。何故なら、いつ何ごとにおいても、社会的なもの、公のもの或いはライフワークなどが、個人的な趣味や楽しみなどを押え込んでしまうタイプだからです。又、目的を達成する為には、かなり強引に物事を運んだりもしますし、人付き合いの気配りも、キメの粗いタイプです。


ばっちし当たっています。今学業に専念するため、趣味であるギターを封印していますから。この状態が吉と出るか凶と出るかはまだ不明です。

「人間的な面白味に欠ける事は否定出来ないでしょう」という個所は、当たっているだけに微妙に凹みました。

「きめ細かく人に接しなさい」と、学部時代の友人から説教くらっていました。まだ成長が足りないようです。

# 恋愛・結婚

男なら筋を通す頑固親爺に、女なら口喧しい教育ママになる素質が十分のタイプです。どちらかといえば、顔やスタイルよりも、相手の情や意地に惚れ込むタイプでしょう。配偶者には、貴方と比べてもう少し人生に息抜きを求めるタイプの人を選ばないと、生まれた子供達は成長するに従い、型にはまった両親の間に挟まれて窒息状態となり、その反抗心が意外な所で屈折したり、爆発したりする危険性が高くなるでしょう。


頑固な部分があるのは自分でも認めます。ごめんなさい。

でも、なんで結婚すらしていない僕が、自分の子供について説教くらわないかんとですか?!
納得いかん。。。

# 職業適性

アドベンチャー的職業には絶対向かないタイプです。又、サービス業や芸能、芸術のような非生産的産業にも適していません。天下国下の為といったような仕事に最も生き甲斐を感じるタイプですから、医師、看護婦(夫)、教師、実業家、政治家、科学者、エンジニア、警察官、消防官、自衛官、弁護士、検事、裁判官、外交官など社会や国家の体制を維持して行く側の、重要な構成員として振る舞う事が一番向いているでしょう。

アドベンチャー的職業って何なんでしょう?!気球に乗って世界一周する人とか?

社会の矛盾がたくさん見えている中で、あえて体制を維持していく側に回るのは、自分の中で抵抗があります。

科学者が入っているのは、やっぱりって感じでした。まあ適性があるってことでしょう。

# 対人関係

*注意事項

1. 自分の持っている枠や型に他人をはめ込もうとしない事。
2. 自分の人生観や価値観を他人に強要しない事。
3. 周囲の人々への気配りをもっと大切にする事。

はい。わかりました。以後気をつけます。
なんか怒られているような気がしてきた。。。
[PR]
by structural | 2005-04-18 14:25

プリンタ

最近プリンタを購入しました。

アメリカに来てかなりの月日が経ったのですが、今の今までプリンタを買っていなかったのです。パソコンやプリンタなんて学校でいくらでも使い放題なので、家でわざわざプリンタを使う必要性を感じなかったのです。宿題だって、めちゃめちゃローテクの手書きだし。笑

でも「そろそろプリンタを買っとかないかんな」という経験が多くなりまして、ついに購入しました。ウォルマートで49ドルでした。安っ!。日本にいた時から愛用していたHP(ヒューレッドパッカード)社のプリンタです。エ〇ソンのプリンタとかと違って、HPのプリンタは空間に占める容積が少なく、実にコンパクトなのでお気に入りです。

日本にある僕のHPのプリンタは、2万5千円くら出して買った覚えがあります。ここでは同じプリンタが1万ちょっとくらいで買えます。日本とアメリカのHPの価格差は1万くらいあるんじゃないかな。まあ海を越えて来ているわけだし、仕方ないのかもしれないけど。。。

気を取り直して、さっそくプリンタのインストールを始めました。すると。。。プリンタの設定画面がアラビア語になりました。

∑( ̄□ ̄;)!!アラ ブッダァッ!!(某サイトのぱくり。笑)

どうやらOSから適切な言語を自動的に判断して、ドライバーその他をインストールするようなのですが、

「はぁ?!日本語?そんなマイナーな言語しらん!そんなもんはいっとりゃせん!おぬしなんぞ、アラビア語でも読んどけ!」

とプリンタのインストーラーに判断されたものと思われます。_| ̄|○

なんとか画像だけで設定を判断して、使えるようにしました。ふぅ。
でも、当分このままです。(T-T)
[PR]
by structural | 2005-04-09 14:36