<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

9月の秋風

おひさしぶりでございます。そろそろまた死亡説が流れるといけないので、
ブログとやらを更新しようと思います。

8月中旬から始まった今学期も、もう一ヶ月ちょっとが過ぎようとしています。
今学期以降、卒業まで僕は物理ラボのTAをしなくてもいいようになりました。
なんだか、うれしいのやら、ちょっと寂しいのやら、複雑な気持ちです。

もう徹夜で、200人近くもの学部生の答案用紙を
添削しなくても良いのです。

「なんでこんなおバカな解答に部分点をやらにゃいかんのだ」と
半ギレしなくても済むのです。

たかだか15分、黒板の前で実験過程を説明するのに、
徹夜で準備していた日々も過去のものです。

「綺麗でかわいい女の子だからって、特別扱いなんてしないんだぞぅ」と、
自分の心の中でがんばっていた日々ともおさらばです。

でもなんだろう。この複雑な気持ちとやらは。

さて、話は少し変わりまして、今学期の授業の話です。
今学期は Stellar interiors(星の内部とか)という授業を
一つだけ取っております。

もちろん、規程授業はとうに取り終わったので、
単位数的には必要無いのですが、
先生にお願いして取らしてもらいました。

僕の副査の先生の授業だし、
そもそもうちの学部には天文学の先生4人しかいないし、
それでなくても、天文学系の授業は少ないし、
僕の学位は天文学ではなくて、物理になるので、
この機会は逃すべきでは無いと判断しました。

この授業は勉強になるし、楽しいし、室内に5人しかいないので、
わきあいあいとしています。

使っている教科書は、僕の副査の先生の副査だったそうです。(ややこしいわ)
まあ、知り合いということで。

質量の大きな星、小さな星、星の一生、白色矮星、超新星爆発、星の内部構造
などなど、いろいろ勉強しております。楽しいです。

なんかこう、天文学者というか科学者の思考回路に近づいて行っている
気がします。
あくまで気がするだけかもしれませんが。

とりあえず今日はまあこんなところで。
アディオス

(写真)夕暮れに染まるボストンの街中の公園。
b0016975_4415199.jpg

[PR]
by structural | 2008-09-25 04:42