ニュース

ニュースを見ていて目についた記事
--------------------------------------
◎米の若者「イラクってどこ?」=日本の位置、正解は半数−地理調査
ワシントン2日時事】米国の若者でイラクがどこにあるか分かっているのは37%だけ−。全米地理協会(本部・ワシントン)が2日発表した調査でこんな結果が出た。この調査は18歳から24歳までの510人を対象にして行われた。


 国名が書かれていない中東の地図を示して、イラク、サウジアラビア、イスラエル、イランの4カ国の位置を答えさせる質問に対して、4カ国とも正しく答えたのはわずか14%。44%は1カ国も正解がなかった。


 戦争開始から3年たった今でも米国のメディアではイラク関連のニュースが多い。しかし全体の16%はこの国の位置を「分からない」と最初からあきらめていた。またやはり米軍の駐留が続くアフガニスタンの位置が分からなかった青年は88%に上った。


 アジアで中国の位置を正確に答えられたのは69%、インドは53%だったのに対して、日本は49%だった。 


[時事通信社]
--------------------------------------
「日本へは車で何時間ドライブすれば着くんだい?」とリアルで聞いてきたアメリカ人の若者がいたという笑い話もあながち冗談では無いようだ。

この前、ジェフと話していた時にも、そういえば同じような会話になった。

僕:アメリカ人って地理感無いよね。「世界一高い山はエベレスト」って教えるのが、一般教養じゃなくて専門教育になるんだもん。まいっちゃうよ。
ジェフ:分かるよ。

僕:(唐突に)ちなみに世界一長い川ってどこだか知ってる?
ジェフ:ミシシッピー川だよね。

僕:(@_@)えっ。。。
ジェフ:(´・ω・`)あっ、違ったの?

僕:アマゾン川だけど。。。
ジェフ:アマゾン川って、どこにあるんだっけ?

僕:ブラジルだよ。


ジェフ:。。。_| ̄|○


リアルに恥をかかせてごめんよ。ジェフ
[PR]
# by structural | 2006-05-04 05:49

You Tube 最高!

最近ハマってしまったサイトがある。ここ。

http://www.youtube.com/

お笑いやら音楽画像やら素人が撮って来た動画やら、なんでもアップロードされている。

英語のサイトなんだけど、使い方は超簡単。このサイトに行って、自分の好きなアーティストを英語で入力して検索するだけ。自分のパソコンにマクロメディアのプラグインが入っていなくちゃいけないけど。

けっこう著作権上どうなんでしょ?って感じだけど。だからか、どうやら最近10分以上の動画はアップロードできなくなってしまったらしい。

最近このサイトで自分の好きなアーティストの動画やライブ映像を見まくっている。
いかん、先学期の詰め込み勉強の反動がここに来て出てきているようだ。

こうしてワタクシの睡眠時間は削られていくのである。笑
[PR]
# by structural | 2006-04-30 19:28

電子辞書

画面が出てこないので、電池が切れているのかな?と思って、新しい電池を買って電源を入れてみました。しかしながら、うんともすんとも言わず。。。



んが。壊れてしまいました。_| ̄|○


カバンの中に入れっぱなしで適当に扱っていたのがいけなかったのだろうか? 2年の寿命は良く持った方なのだろうか?

僕って力加減が時々変で、デストロイヤーな部分があるからなぁ。

米国滞在も早2年目突入。普段の会話の中では、別段辞書が必要な時なんてあまりないし、知らない単語が出てきたら、相手に直接言い換えてもらえば良いのでそれで済んでいました。

僕が辞書を引く時は主に論文を読む時で、知らない科学用語を引くことが多いのです。従って普通の辞書には載っていないような単語ばかりが必要となります。僕の電子辞書は、翻訳者や通訳の方が使うような語彙数の多いものをあえて選んで買ったのです。


そんな優れものも、壊れてしまってはただの鉄の固まり。


ちーん。ぽくぽく。


(T-T)

一瞬、日本に新しい電子辞書を買って送ってもらおうかなとも考えたけど、時間と手間を考えるとそういうわけにもいかず。

結局、次の週末アトランタに買いに行くことにしました。余計な出費です。この時期痛い。
[PR]
# by structural | 2006-04-12 03:34

パンダ

http://www.sandiegozoo.org/zoo/ex_panda_station.html

特に意味は無い。
[PR]
# by structural | 2006-03-29 13:27

『』バトン

はこさんから回ってきました。『』バトンとやらをやってみたいと思います。夜の研究室でネットにうつつをぬかしておったのが運のつき。笑

ワタクシのお題は『ギター』だそうです。知っている人は知っているけど、ワタクシ実はハードロックヘビーメタル大好きの元バンドマンでございます。え、そんな風に見えないって? よく言われます。最近カラオケでセックスマシンガンズを熱唱したら、「オンとオフがあるね」と真顔で言われました。

♪『』バトン ♪

☆本棚またはPCに入っている『ギター』

いや、ギターは本棚に入らないから。そもそもそんなトコにギターを入れないでくれ。ギターを祖末にあつかうヤツは、温厚なワタクシでも鉄拳制裁です。もし部屋で火事が起こったら、ギター2本抱えて逃げます。笑
PCにはギターのデジタル写真が入っています。 大学とミクシィ2つのSNSに、これ見よがしにマイギターの写真を貼っております。これってギター馬鹿?

☆今妄想している『ギター』

Parkerの金属製ギターとか、Paul Reed Smithのギターとか、いいなー。でも、人生で一度はギブソンレスポールを手にするべきでは無いだろうかと考えてみたり。ギターシンセを付けて幅広いギターの音を追求するのも楽しかったり。妄想は限りなく続く。

ぽわーん。。。

はっ、いかん。オタクモード全快ではないですか。

☆最初に出会った『ギター』

忘れもしない。16歳の時に留学先のホストファミリーの家にあったアコギ。ネックが太くてFを弾くのが大変だった。一年間ずーっとエレキギターが欲しいと思っていた。結局一年間そのギターでがんばりました。かなり上手になって、ほんの一年間で当時流行っていたエリッククラプトンのレイラ(アコギバージョン)が弾けるようになりました。その曲をたまたま行ったキャンプのキャンプファイヤーの前で皆に披露しました。人生初ステージでした。いやー良き思い出です。

☆特別な思い入れのある『ギター』

やっぱり人生初のローンを組んで買ったIbanezのギターかな。10万ちょっとしました。やっぱ良いものは高いね。ナチュラルフィニッシュの木目が綺麗に出ていて、ハムバッカーが前後に2つ、フロイドローズ付き。24フレット。正に僕の理想的なギターそのもの。僕のプレイスタイルとして、アームはいらないことを悟ったから、後半はアームバーを外して使っていた。人生の伴侶だった。あまりに使い過ぎたから最近はフレット削れているのか見るからに分かる。交換したらいくらかかるんだろ。明らかに手入れと調整が必要かな。ちなみに今は実家に眠っているはず。うーん。もったいない。今度帰った時にアメリカに持って帰ろっかな。

☆次にお題をまわす人5人

kotarocatさん 『動物』
Jun-ichi 『アイドル』
ちはるちゃん 『環境』
かなさん 『お酒』
マコトくん 『細菌』

人の意外な面を見てみたいということで、このテーマ。みなさんよろしく。
[PR]
# by structural | 2006-03-23 12:29

辛口性格診断

ミカちゃんとこでやってたので、やってみた。
こちら↓から
http://www.jmrlsi.co.jp/cgi-bin/ego/diagform.pl

以下結果。
----------------------------------------------------------
【あなたはこんな人】
あなたは、包容力豊かでハートフルな おっかさんタイプ です。

 あなたは母性の人です。聖母マリアのように慈悲の光でまわりの全ての人を優しくつつみこみます。心優しく面倒見が良いので、誰からも好かれ、まずあなたの事を積極的に悪く言う人はいません。ただし、人への尽くし方にも注意が必要です。あふれでる包容力で暖かく人を包み込むので、その気持ち良さに他人はつい心を許してしまいます。しかし次第に関係が深まるにつれて、その暖かさが暑苦しく、うっとおしがられるようなこともありがちです。「わたしがこんなに尽くしているのになぜあなたはわかってくれないの?」なんて思ったことがありませんか?こんな気持ちをかかえつつ我慢していると、葛藤状態から「自律神経失調症」にかかってしまう危険性があります。もう少し他人との距離のとり方や気持ちの読み方を学習しましょう。また、目先の親切や優しさが総合的な判断より優先し、大局を見誤ったり大きなチャンスを逃したりする事もありそうです。クールになれないところがあなたらしいのですが、冷静な判断力が高まればもっと飛躍することが出きるでしょう。

【仕事】
あなたは仕事に対する責任感、向上心がとても強く、どんな仕事でも意欲的に取り組みます。また組織への帰属意識が高く、デートや家庭行事よりも残業を優先させてしまう傾向があります。よりやりがいのある仕事を求めつつも、それを転職によって実現するのではなく、現在の環境のもとで実現していこうとするあなたは積極的に人に働きかけ、周囲の人からも頼りにされていることでしょう。

【あなたの恋愛観】
あなたは恋愛に関してはまめです。いったん好きになると、あなたの本領が発揮され、かいがいしく尽くしてしまいます。その結果相手に甘くみられ振り回されがち。かといって相手も居心地が良いので、別れたくありません。相手が誠実な人ならいいのですが、そうでない場合は苦労しそうです。

【ワンポイントアドバイス】
基本的にあなたは、心に葛藤状態を抱えた、救いの必要な人を吸い寄せる力を持っています。また、あなたの方でもそういう人をみると「この人は私がいないとダメになってしまう」とか「こいつは俺にしか相手にできない」と妙な責任感から深みにはまってしまいます。お互いの強依存関係が成立するわけです。相手をよく選ばないと、どつぼにはまりかねません。人間的に未熟でもあなたに実害をおよぼさない人を選びましょうね。

【あなたの交友関係・ネットワーク】
行動派のあなたは非常に多くのことに興味を示します。人とのつながり、自然とのつながりを重視するあなたは友人とともにキャンプやバーベキューをすることに喜びを見出すでしょう。また好奇心が強いために旅行、読書、映画にも強い興味を示します。そんなあなたはさまざまな情報を発信して周りの人に自分の趣味を浸透させてしまうパワーを持っています。

【あなたの消費行動】
様々なものに興味を示すあなたですが、意外と貯金することも多く、締めるところはきっちりと締めるタイプのようです。欲しいものがあっても無理して買うということはせず、我慢するかお金がたまるのをまって買うという堅実な消費行動をするタイプであると言えるでしょう。

【芸能人・有名人ならこのタイプ】
島倉千代子(歌手)
森光子(女優)
----------------------------------------------------------
あー、、、どちらかというと、僕は人に尽くしてしまうタイプかもしれない。
人との距離感を考え直します。はい。
芸能人なら島倉千代子と森光子って、どんだけおっかさんタイプやねん。笑
[PR]
# by structural | 2006-03-08 00:59

遥かカナダ

ちょっと前の研究ミーティングでの会話

シェルトン先生:6月にあるアメリカ天文学会のことなんだけど、、、
シェルトン先生:ポスター発表と口頭発表の2つがあるけど、どっちにする?

僕:えーっと、、、いかんせん、ワタクシの英語力ではまだ口頭発表は心もとないので、ポスター発表という方向でお願いします。
シェルトン先生:分かったわ。ポスターのテンプレートはあるから。
僕:助かりマッス。

シェルトン先生:ところで今度の学会はどこであるか聞いている?
シェルトン先生:場所は、ア&*&$@#@よ

僕:へ?
僕:あのー先生。よく聞き取れなかったので、よかったら学会会場の場所をノートに書いて頂けますか?


というわけで、先生ワタクシのノートに場所をカキカキ。




『 Alberta, C A N A D A 』




(@_@)




僕:か、カナダなんですか? 
僕:これってアメリカ天文学会の会場なんですよね?!
シェルトン先生:そうよ。

僕:カナダもアメリカも北アメリカにあるからオッケーって、ちょっとおおざっぱすぎないっすか?
シェルトン先生:んーそう言えばそうね。
シェルトン先生:まあ私たちは運転免許一つでカナダに行けるから。それもありなんじゃない。
僕:そ、そうなんですか。。。


というわけで、カナダ初上陸ケッテー!!!


そして昨日、アメリカ天文学学会のホームページを調べていて再度びっくり!

208th Meeting of the American Astronomical Society
Calgary, Alberta, Canada

と書いてある。

カルガリーではないですか!!!
カルガリーといえば、ひと昔前に冬期オリンピックがあった所じゃん。なんてこったい。

自然とか、むっちゃ綺麗そうだし。でっかい針葉樹林がたくさんあるし。熊とか鮭とかいてそうだし。わくわくワクワク
今から既にワタクシの心は遥かカナダへ。ぽわーん。



はっ、いかんいかん。



その前に発表の要約を提出して、ポスターを作成するという作業が待っております。がんばらねば。
[PR]
# by structural | 2006-03-01 00:46

博士候補生に決定しました!

わーい。

さきほど、口頭試験の合格通知を頂きました。これでワタクシ晴れて博士候補生(Ph.D Candidate)です。

思えばここまでの道のりは長かった。。。(思い出省略)

今までが第一章だとしたら、今から第二章が始まります。
とにかく、これから新たなスタートです。研究がんばるぞー。
[PR]
# by structural | 2006-02-25 05:43

世界の常識、物理学者の非常識。

今日はワタクシ怒っています。多少毒を吐きますので、そのつもりで。

世間一般に学者という種族は一般常識に乏しい。そんな大雑把なくくり方で学者を言及するのもどうかと思うけど、それなりに個々の事例が重なった結果の定説なんではないだろうかと自分は今考えるようになった。自分が学者という枠からはみ出ないというところは、ある意味皮肉の一つでもあるのだが。。。

実は今週、物理科で学会(というより分科会)が開催されている。日本人教授夫妻とその大学院生たちも招待され、はるばるジョージア大学までやってきた。僕はといえば、学会のお手伝いとして、なんとベビ−シッターをやっている。2歳と5歳と日本人の女の子たちは、その日本人教授夫妻のお子さんである。日本人教授夫妻は共に物理学者だそうだ。

元はと言えば、話は日本人の教授が「子供たちを学会に連れて行っていいか」とCSPヘッドのランダウ先生に聞いたところから始まる。ランダウ先生は人が良いから即座に「いいよ」と答えて、話を秘書のリンダさんに持っていった。リンダさんは「え!」と絶句。でもリンダさんはランダウ先生の秘書だから仕方なくベービーシッターの手配を始める。物理科の大学院生で日本人は僕一人しかいない。当然のごとく僕へとベビーシッターの話が行く。

はっきり言って、海外の学会に2歳と5歳の小さい子供を連れて行く神経が僕には理解できない。たぶん彼らの頭の中では「ついでに子供も連れて行ってしまおう。ベビーシッターさえなんとかなれば、学会発表が終わったあと家族旅行にもなるからラッキー」くらいにしか考えていないのだろう。

ランダウ先生や秘書のリンダさんの好意を半ば当てにしている。それが僕には許せない。人の迷惑の上に成り立っている家族旅行ってどうなのよ。

そもそも、いったい彼らはどちらに重きを置いているのだろう?

もし学会発表がメインで旅行はサブだとしたら、家族との時間というものを軽視していると思う。その姿勢は家庭人として尊敬できない。またその逆で、もし家族旅行がメインで学会発表がサブだとしたら、仕事に対する姿勢に疑問を持たざるを得ない。どちらに転ぶにしても、とにかく感心出来ない。少なくとも僕だったらそんなことしない。

シェルトン先生が僕のベビーシッターの時間割を知って相当おかんむりだった。

シェルトン先生:ベビーシッターの時間が一週間のうち午前中全部と午後数時間っていうのは、あきらかに多いわよ。あなたの研究時間は、私のグラント(科研費)から出ているの。つまりあなたが今やっているベービーシッターは私が取ってきたお金でサポートしていることになるのよ。納得いかないわ。

僕:正におっしゃるとおりです。面目ないです。ほんとーにごめんなさい。

そして、きちんと自分の考えていることをシェルトン先生に伝えたところ、理解してもらえた。

シェルトン先生:まあ、今回あなたが謝ることではなさそうだけど。。。
シェルトン先生:これから先、自分のすべきこと以上のことを誰かから求められた時には、きちんと断りなさい

おっしゃる通りです。事は自分が処理できる許容量以内だと思っていたのだが、結果的に周りに迷惑をかけてしまった。一昔前日本で流行った「NOと言えない日本人」という本のタイトルが頭の中でぐるぐる回る。

ところで、人にはそれぞれ怒りのスイッチというものがある。いくら温厚な僕でも、それは存在している。自分自身で把握しているものの一つは、筋の通らない理不尽な扱いをされる事。もう一つは時間泥棒である。

ワタクシはアホなくらい人一倍許容量が広いと思う。つまり人に甘く自分に厳しい。そんな僕でも、ひとたび筋の通らない理不尽な扱いをされると普段怒らない分余計怒る。それは僕の正義感にも関係していると思う。

もう一つの時間泥棒に関してだが、時間はお金よりも大切である。人はそれぞれ限りのある砂時計を胸に抱えて人生という名の航海をしている。それゆえ、他人の時間を勝手に拝借して平気な顔をしている奴は大っ嫌いである。あまりにも無神経すぎると思う。

かつてのフランスの皇帝ナポレオンはこう言ったそうだ。「他人の物を盗む人は罰せられるのに、他人の時間を盗む人が罰せられないのは不合理である」と。

ちょっと話がそれたけど、今回の出来事は、他人の好意を当てにして海外の学会に子供を連れてくる日本人教授夫妻の非常識さと、他人の時間を浪費させておいて何も考えないその無神経さのダブルパンチにひさびさに頭に来た。

というわけで、今週は自分の時間を削ってベビーシッターをしている。子供に何の罪も無い訳で、午前中は子供たちとわいわいガヤガヤ大騒ぎ。相変わらず、子供たちには大モテ。いいんだか悪いんだか。。。

ところで話の最後として、僕が一連の出来事の中で一番こたえた瞬間が実はこれだった。

(母親が学会会場へと去る前の、母親と子供の会話)
母親:○○ちゃん、この部屋の中でおとなしく遊んでいてね
子供:うん、このおじさんと遊んでるぅ





_| ̄|○  



お、お兄さんと呼んでね。君たち。(T-T)
[PR]
# by structural | 2006-02-22 05:40

さようならパットメセニー

更新中。。。
[PR]
# by structural | 2006-02-20 08:24